IR誘致で日本はどうなる?問題点と今後

現時点で考えられる問題点

国民がギャンブル依存症になる?

カジノが立地している海外のある場所では、地元に住む方の半分近くがギャンブル依存症だといわれています。IR誘致の目玉であるカジノは大きなお金が動くので、それに魅了されてこれまでの生活がままならなくなる事が懸念されています。

意外かも知れませんが日本は世界的に見てもギャンブル依存症が多いです。原因の一つとしてパチンコ・スロットが合法であり、駅前を含め街中に立地しているのでそれが入り口となっています。

IR誘致が実現されるまでにこの問題に取り組まないとあっと言う間に国民の多くがギャンブル依存症になってしまいます。そうなると経済活性どころではなく、多くの人が路頭に迷う事になりますので現時点で大きな問題点となっています。

反社会勢力の温床に

映画やマンガの世界では「カジノ=怪しい雰囲気を持つ場所」と表現される事が多いですが、それはあながちウソではありません。今でこそ海外ではしっかりと法整備されていますが、カジノが機能し始めた1900年ごろまでマフィアとの結びつきが深く、運用全体がブラックというケースも珍しくありませんでした。

IR誘致で懸念されている問題点としてカジノが出来る事で大きなお金が動きやすくなり、反社会勢力の温床になるのでは無いかといわれています。お金のある場所で人は正常な判断が出来なくなってしまうので、犯罪がおきやすくなる。または多くの人種が流れてくる事で治安が悪くなる点も問題視されています。

誘致された地域の経済がカジノに依存するのも危険な兆候です。


この記事をシェアする