IR誘致で日本はどうなる?問題点と今後

問題点の解決・対策について

依存症にならない為に国が対策

これまでになかった新しいサービスが入ってくる事で多くの問題点が上がっていますが、これらを少しずつ改善していく事で状況が良くなります。現時点で日本ではIR誘致に伴いカジノに関するいくつかの規制が唱えられています。

身分を証明した上でクリーンに楽しんでもらう為に、入場の際にはマイナンバーの提示や顔認証システムを使って入場料を数千円徴収します(国内在住者に限り)。週に3回、または月10回までと入場制限をかける。クレジットを含むローンでカジノチップの購入を禁止するなど、多くのルールを決める事で問題点を打破しようとしています。

これらの取り決めでもギャンブル依存症になった場合、医療保険の適用対象になる様に方針を固めています。

マネロンや汚職を防ぐ為には?

知らない間に犯罪の片棒を担がされてしまった。マネーロンダリングは犯罪など、明るみに出ないお金をあたかも正当な手段で得た資金の様に見せかける。これがマネーロンダリングで、カジノがマネロンに使われるのではないかと問題視されています。

テロ資金に貢献するケースもあるので、国内では犯罪収益移転防止法・本人確認法を厳格にする事でこれらの問題解決に取り組んでいます。

海外のカジノではコンプライアンスプログラムの策定を義務つける。または犯罪の可能性がある取引を発見する為に従業員へ特殊な研修を行っています。これらを日本風にアレンジしながら問題解決に取り組んでいます。また誘致を有利にする汚職に関しても厳しく取り組んでいます。


この記事をシェアする